太陽光発電を埼玉県の川口市でしよう

太陽光発電を埼玉県の川口市でしよう

埼玉県の川口市では、住宅用に太陽光発電装置の設置に関して、『川口市地球高温化対策活動支援金』として、一件につき10万円を補助しています。

また埼玉県からと国からも設置する太陽光発電システムの発電能力に応じて助成金を受け取ることができます。
またこれらの助成金は近年では非常に人気を得ており、募集があってからしばらくすると予算額に達してしまい、毎年募集が終了しているのが現状です。
なぜ、これほどまでに行政が積極的に太陽光発電を推進しているのかといいますとそれにはいくつかの理由があります。
大きな理由は電力不足です。
川口市は東京電力の管轄ですので、福島の原子力発電所の影響をモロに受けています。
また今後今ある原子力発電所が可動することはあっても、おそらく新しく原子力発電所を作るということは無いと考えられますので、必然的に他の方法による発電システムが必要になってきます。
また、主力である火力発電は燃料に石油を使います。
石油は以前からあと数十年で枯渇してしまうということは常々言われ続けてきました。
現在の予測ではあと50年も持たないと考えられています。
もちろん掘削技術がすすめば更に伸びることになりますが、石油を用いた発電はCO2を出しますので、環境という意味ではエネルギー源が永久にある太陽を使ってCO2を全く出さない太陽光発電が注目を浴びているわけです。
また、電力の使い道には大きく分けで二つあります。
一つは企業で、もう一つが一般家庭です。
最近では企業が大型のソーラーシステムを導入し始めているのはよく聞きますが、一般家庭でも自分の家の電気代を自分の家で発電するようになると、電気業界に大きな革命がもたらされるようになると考えられます。