太陽光発電システムの普及が進んでいます。

太陽光発電システムの普及が進んでいます。

太陽光発電システムが発電のエネルギー源として利用する太陽光エネルギーは、どれほど利用しても枯渇の可能性がないエネルギー源です。
現在の主なエネルギー源となっている化石燃料が限りある資源で将来的に枯渇のリスクが大きいことと比較すると、太陽光エネルギーは枯渇リスクのない将来性の高いエネルギー源といえるでしょう。
枯渇リスクのない再生可能な自然エネルギー源として水力や風力、地熱を活用した発電システムが実用化され日本国内でも稼動していますが、個人レベルでの発電システムは実用化の段階に至っていないのが現実です。
太陽光発電システムは一般家庭レベルで導入が可能な発電システムであり、埼玉県川口市でもすでに多くの一般住宅で太陽光発電システムの設置普及が進んでいます。
太陽光発電システムは火力発電のように化石燃料を使って発電するときに発生する二酸化炭素を一切生じさせないため、地球温暖化の主な要因と考えられている温室効果ガスの発生がまったくありません。
自宅に太陽光発電システムを導入することにより、台風の直撃や、地震が発生して一時的に地域一帯が停電になっても、日中で太陽光発電システムが稼動していれば、システムに備わっている自立運転機能により住宅内に電気の供給ができます。
導入時の初期費用が大きくなりますが、太陽光発電システムと充電式電池を組み合わせることにより、悪天候時や夜間も太陽光発電システムが発電した電気を使用することもできるでしょう。