太陽光発電に対する取り組みと、それが与える良い影響力

太陽光発電に対する取り組みと、それが与える良い影響力

川越市といえば、「蔵の街」として、観光客が絶えない街として有名です。
訪れる観光客は多く、埼玉県を代表する観光地です。
市の規模としても県内で3番目に多い人口を有していて、中核市に指定されるほど大きな存在感があります。
そんな川越市は、太陽光発電の導入に積極的な街です。
もともと埼玉県は日照時間が長いのですが、特に川越市は公共施設へ太陽光パネルが設置されているのが目に付きます。
多くの公共施設に設置してあることで、観光客をも驚かせるほどです。
たとえば、多くの観光客が訪れる「川越まつり会館」に設置してあります。
このような取り組みを知ってもらうことは、太陽光発電の普及に力を入れている街、という印象を抱かせるのに効果的であり、市のイメージアップにもつながるのではないでしょうか。
より徹底しているのが、小中学校などの教育施設への設置です。
市内のすべての小中学校に太陽光発電システムを設置してあります。
また、その日の発電量がわかるように表示されており、アピールの意味でも良いでしょうし、また太陽光発電の重要性を理解させるという教育上も非常に有意義なものでしょう。
また、自宅で導入する場合、他の自治体と同様に補助金システムがあります。
震災以降特に太陽光発電は注目を集めており、キャンセル待ちが続出という話も聞きます。
市の公共施設が太陽光発電を積極的に導入することで、住民や観光客に良い影響を与えるということは、とても良いことではないかと思います。