停電時でも最低限の安心を

停電時でも最低限の安心を

病院では、もしも供給されている電気のすべてストップすると医療機器などが停止してしまい患者が重症化したり死に至るケースもあるため危険です。
それを防ぐために電力会社から供給してもらえる電気の他に、もしもその電気がストップしたときのための自家発電装置を備えているところも多いです。
そうすることで、もしも停電になっても電気を賄うことができるため、安心です。
その安心感を家庭でも持ってくることができます。
それが太陽光発電システムです。
一般的な自家発電機は液体燃料で動くため、設備費だけでなく燃料費もかかり出費ばかりが嵩みます。
もちろん、病院では安定的な電力を得るために必要ですが、家庭ではそこまで安定した電力は必要しません。
太陽光発電システムは設備費だけで発電のエネルギーは太陽光でありタダです。
そのため、日が照っている間は常に発電し続けることができるため利益にもなるのです。
そして、停電になったときはそのときで発電したエネルギーを利用することが可能です。
もちろん、太陽光発電パネルの規模にもよりますが、すべてを賄うことは難しいでしょう。
しかし、冷蔵庫や冷暖房など生活の基礎に必要な電気エネルギーだけでも確保することが可能となります。
このように、病院のように家庭でも停電などの緊急事態に陥っても最低限の電力をカバーすることができます。
だからこそ、多くの家庭で普及を進めていき、安心感を手に入れて欲しいと思っています。