我が家に太陽光発電をつける

我が家に太陽光発電をつける

我が家は埼玉に家を建てて、早4年経ちました。
当初から、太陽光発電は魅力的な次世代のエネルギーだなと感じていましたが、その当時はまだメーカーの数も少なかったですし、今のように補助金もなかったと記憶していますし、また金額的にもとても手が出せるものではありませんでした。
しかし、住宅メーカーが今後数年間で太陽光発電のパネルの価格も下がり、メーカーも競争に入り、より質の高いものが出てくると思うので、屋根の形状はいずれ太陽光発電のパネルが載るように設計した方がいいというので、その通りにしていました。
実際にそのせいか、太陽光発電の訪問販売には何度か遭ってしまいましたが、そのおかげでしょうか、我が家も太陽光発電については頭の片隅にいつもあって、いずれは設置したいと思っていました。
それが、埼玉で太陽光発電の補助金が交付申請スタートしてから、申請数が年々上がり、ニーズが高まっていることを、テレビの地方ニュースで知りました。
さらに、テレビや雑誌、新聞などで太陽光発電について取り上げられることが増えて、より身近なものになりました。
そのおかげもあって、我が家も主人やようやく重い腰を上げることになって、我が家にも今年の夏にようやく太陽光発電がつきました。
設置してみて、予想以上に電気代が掛からないこと、余剰金で電力会社に売るのでムダにならないこと、節電効果があって家族みんなが意識してエコに取り組めることなど、本当に挙げたらきりがないくらい、良いことずくめで、もっと早くに設置していても良かったなと後悔するくらいです。